NTビジネスニュースに掲載されたSPEE3D

2019年2月28日

SPEE3Dは、NT BusinessReviewの最近の版のフロントページに掲載されています。 (2019年2月20日)

SPEE3Dは、軍用規格を満たすために、商用の金属3DプリンターであるLightSPEE3Dによって印刷された部品をDefenseAustraliaに提供しました。これらの部品は両方でテストされており、オーストラリアの軍事販売カタログでこのマシンのスポットを獲得しています。

これは、チャールズダーウィン大学とSPEE3DのパートナーシップであるAMA(Advanced Manufacturing Alliance)にとって大きな成果であり、このマシンは他の有名企業と並んで防衛にリストされています。

SPEE3Dは、2018年に国際的に、特にドイツ、米国、シンガポールのクライアントにユニットを販売する世界規模で勢いを増しています。今年のより大きな目標を念頭に置いて、部品が約1メートルの距離で製造される新製品の発売があります。 300mmのオリジナルプリントサイズ。

 

 

NT Newsのデジタル購読をお持ちの場合は、NT NewsのWebサイトで、クリックして両方の記事全体をオンラインで表示できます。 ここに そして ここに