規約と条件

部品の契約条件


1.定義

 

追加料金 サプライヤーの当時の現在の価格に従って計算された、顧客の要求に応じて実行された、または顧客の行為の結果として合理的に必要とされた追加作業の料金または料金を意味します。および顧客の要求に応じて、または顧客の行為の結果として合理的に要求された、サプライヤーが負担した費用。

営業日 サービスが主に実施されている場所または商品が提供されている場所での土曜日、日曜日、または祝日ではない日を意味します。

機密情報 書面または口頭を問わず、商業的および/または金銭的性質を含む情報、および機密としてマークされているかどうかを意味します。

本契約の内容;

顧客、クライアント、サプライヤー、請負業者、従業員、または当事者と取引を行うその他の人物に関する情報。

企業秘密;そして

当事者の事業または業務(財政状態、内部管理、方針、戦略および手順を含む)に関連するその他の情報

ただし、本契約で特定された特定のカテゴリの情報は除きます。

お客様 見積もりまたは請求書で顧客として識別された人物を意味し、顧客の代理人および許可された譲受人を含みます。

見積書または請求書およびこれらの交易条件に従ってサプライヤーから顧客に提供される商品を意味します。

知的財産 商品およびその変更、拡張、派生物に関連するすべての著作権、特許、商標、商号、ロゴ、ソフトウェア、ドキュメント、技術および製造技術、概念、方法、設計、仕様、およびその他の専有情報を意味します。

損失 費用(当事者間の訴訟費用およびサプライヤーの訴訟費用を含む)、費用、逸失利益、損害賠償、人身傷害および物的損害が含まれますが、これらに限定されません。

個人、企業、政府または政府機関、不動産、信託、パートナーシップ、協会、またはその他の法的または商業的実体または事業を意味します。

サプライヤー Effusiontech Pty Ltdまたは見積書または請求書で商品のサプライヤーとして指定されたエンティティを意味し、サプライヤーの代理人および許可された譲受人を含みます。

2.解釈。


これらの交易条件では、文脈上別段の必要がない限り、次のことを行います。

a。書面への言及には、サプライヤーおよび/または顧客のWebサイト(存在する場合)を通じて確立された電子メールおよびその他の通信が含まれます。

b。単数形には複数形が含まれ、その逆も同様です。

c。条項または段落への参照は、これらの交易条件の条項または段落への参照です。

d。これらの交易条件またはその他の文書または取り決めの当事者への言及には、その当事者の遺言執行者、管理者、後継者、および許可された譲受人が含まれます。

e。式が定義されている場合、その式の別の品詞または文法形式には対応する意味があります。

f。見出しは参照を容易にするためのものであり、これらの交易条件の意味や解釈には影響しません。そして

g。行為、事柄または事柄が行われる日付が営業日ではない日に当たる場合、その行為、事柄または事柄:

私。オンデマンドでの支払い以外の支払いが含まれる場合は、前営業日に行う必要があります。そして

ii。それ以外の場合は、翌営業日に行う必要があります。

3.一般

a。これらの交易条件は、商品の提供に関連する顧客とサプライヤー間のすべての取引に適用されます。これには、すべての見積もり、発注書、請求書、契約、およびバリエーションが含まれます。これらの交易条件は、お客様または他の場所の文書に含まれる交易条件よりも優先されます。

b。これらの条件の条項の変更または放棄、または他の当事者による条項からの逸脱に対する当事者の同意は、当事者が書面で署名しない限り無効です。

4.引用

a。サプライヤーは顧客に見積もりを提供するものとします。サプライヤーが発行した見積もりは、発行日から60日間有効です。

b。見積もりは、見積もりの作成時に入手可能な材料のコストに基づいており、必要な材料とサプライヤーへの指示を顧客がタイムリーに提供することを前提としています。

c。顧客に見積もりを提供した後、サプライヤーは、見積もりが顧客に受け入れられるまで作業を開始する義務を負いません。これは、顧客が注文書を完了し、注文書をサプライヤーに返却することによって発生します。

d。商品の提供の時間枠の見積もりの表示は推定値であり、固定の時間枠ではありません。オーストラリア消費者法に基づく消費者保証に関する義務を条件として、この見積もりはサプライヤーを拘束するものではありません。

e。見積もりの条件は機密情報です。

f。顧客は、見積書または請求書に指定された期間内または日付以前に商品の代金を支払うものとし、支払いを一時停止したり、相殺したり、サプライヤーから請求された金額から差し引いたりする権利はありません。クレジットで商品を購入する権利はここでは付与されません。クレジットおよびクレジット条件の延長、変更、または撤回は、サプライヤーの裁量によりのみ留保されます。別段の合意がない限り、すべての支払いはオーストラリアドルで支払う必要があります。

g。顧客による発注書の発行は、これらの取引条件およびその発注書に関連してサプライヤーから提供された最新の見積もりを顧客が承諾したことを意味します。

h。サプライヤーは、その絶対的な裁量により、以下の場合に商品の提供を拒否することができます。

私。理由の如何を問わず、商品はご利用いただけません。

ii。与信限度額に合意できない、または超過している。または

iii。以前に顧客に提供された商品の支払いは、サプライヤーによって受け取られていません。

私。発注書は、サプライヤーの事前の書面による同意なしにキャンセルすることはできません。注文書がキャンセルされた場合、お客様は、キャンセルの結果としてサプライヤーが被った損失についてサプライヤーに補償します。これには、すでに行われたすべての作業のコスト、購入された部品のコスト、およびその後キャンセルされる発注書のスケジュールの結果として見捨てられた他の注文からの利益の損失が含まれますが、これらに限定されません。

j。顧客が注文書の発行後に要件を変更することを希望する場合、サプライヤーは、見積書を変更して、発生した追加費用または変更により実行された追加作業に関する追加料金を含める権利を留保します。その当時の現在の充電率。要求されたバリエーションに関してサプライヤーによって発行された改訂された見積もりは、元の見積もりに優先します。改訂された見積もりで追加の作業のみが指定されている場合、その追加の作業の見積もりは、直前の商品の見積もりに追加されます。

k。サプライヤーは、変動によって引き起こされた遅延に等しい商品の提供のための時間の自動延長を持っています。

5.請求と支払い

a。サプライヤーは、その絶対的な裁量により、以下の1つ以上の方法で顧客に請求書を発行することができます。

私。商品の提供を開始する前に、サプライヤーが以前に顧客のために作業を行ったことがない場合、またはサプライヤーが行うことを選択した場合は、見積もりおよび追加料金に等しい金額。

ii。注文書が完了する前の各週の終わりに、サプライヤーは、見積もりの金額の一部または全体(その時点までに行われた作業のいずれかについてサプライヤーの裁量で計算される割合)に対して1つ以上の請求書を発行できます。 、将来的に機能するか、またはその両方)、さらに商品が提供される前に、見積もりの一部を支払う必要があります。または

iii。商品の提供が完了したとき、またはその後いつでも、見積もりまたは未払いの見積もりの残高に等しい金額、追加料金および以前に請求されていない金額、または見積もりが提供されなかった場合は、注文書の完了時に実行された作業および追加料金に対するサプライヤーの料金。

b。お客様が支払う金額は、請求書に記載されている金額になります。これは次のように計算されます。

私。見積もりおよび追加料金に記載されている商品の金額、または

ii。サプライヤーから見積もりが提供されていない場合、商品に対するサプライヤーの通常の料金、または見積もりに記載されているとおり。

c。顧客は、有効な納税請求書が顧客に発行されてから14日以内にサプライヤーが発行した請求書を支払う必要があります。

d。請求書の期日が未払いの場合、サプライヤーは、延滞額が全額支払われるまで、それ以上の商品の提供を差し控えることができます。

e。サプライヤーは、その完全な裁量により、顧客から受け取った支払いを、顧客がサプライヤーに支払うべき金額に適用することができます。

f。法定費用およびサプライヤーの内部費用および費用を含む(ただしこれらに限定されない)延滞額の収集に関連するすべての費用および費用は、これらの取引条件に基づいて支払われるべき債務として顧客が支払うものとします。

g。顧客とサプライヤーは、1999年新税制(物品サービス税)法(Cth)およびGSTに適用されるその他の法律に基づく物品サービス税(GST)に関連する義務を遵守することに同意します。

6.タイトルとリスク

a。商品のリスクは、配達後すぐにお客様に渡されます。

b。これらの取引条件に基づいて顧客に提供された商品の所有権および所有権は、顧客がサプライヤーに支払うべきすべての金銭(サプライヤーと顧客の間の他の取引に関する金銭を含む)が支払われるまで顧客に渡されません。完全支給。

c。商品がサプライヤーから顧客に供給され、商品に関して支払われるすべての金額を全額支払うことなく、顧客は、サプライヤーが動産の担保権を登録および完成する権利を有することを認めます。

7.配達

a。サプライヤーは、顧客の要求された配達日またはその他の関連する配達要求に協力しようとしますが、見積りの出荷または配達日または時間枠を保証することはできず、保証せず、独自の裁量で部分的および増分出荷によって注文されたアイテムを履行することができます。

b。お客様は、商品の発送および配送に関連するすべての費用および義務はお客様のみが負担することを認め、同意するものとします。したがって、希望する保険はお客様の唯一の義務と費用となります。また、いかなる場合も、サプライヤーは、配達の失敗または遅延に起因して顧客が被る可能性のある直接的または間接的な損害または損失について責任を負わないものとします。

c。顧客は、申し立てられた商品の欠陥またはその他の注文書の不一致の配達日から10暦日以内に書面でサプライヤーに通知し、商品は船荷証券または商業送り状に指定された数量で受け入れられたと見なされるものとします。良好な状態であり、そのような通知が受け取られない場合、そのような受け入れはサプライヤーに対する請求の妨げとして機能します。

8.知的財産権

a。商品に関するすべての知的財産権は、引き続きサプライヤーの所有物です。

b。サプライヤーは、商品に関して知的財産を使用する非独占的でロイヤリティフリーの権利を顧客に付与します。

9.守秘義務

a。各当事者は、機密情報の機密を保持し、本契約の目的以外でそのような機密情報を使用しないことを約束します。

b。各当事者は、役員、取締役、従業員、またはその他の代表者による機密情報の不正な開示または使用を防ぐために必要なすべての予防措置を講じます。

c。この条項に含まれる守秘義務は、機密情報の開示には適用されません。

私。それは、開示の時点で受領当事者にすでに知られていました(同時期の文書によって示されているように)。

ii。他の当事者への開示の時点で、一般に公開されているか、パブリックドメインの一部である。

iii。開示後、本契約に違反する受領当事者の作為または不作為を除いて、一般に公開された、またはパブリックドメインの一部となった。

iv。機密保持の義務がある場合を除き、他の当事者にそのような情報を他者に開示しない義務を負わなかった第三者によって、受領当事者に開示された。

d。各当事者は、他の当事者の機密情報の価値が、この第9条に違反した場合、損害賠償または不当利得が適切な補償とならない可能性があることを認めます。

e。本契約の終了または満了時に、各当事者は、合理的に実行可能な限り速やかに、すべての機密情報のすべてのコピーおよび機密情報を含むすべての文書のすべてのコピーを開示当事者に返却するか、そのようなすべての機密情報のすべてのコピーを破棄または消去します。および開示当事者が検証可能な方法で文書化する。

10.代理店と割り当て

a。顧客は、サプライヤーがこれらの取引条件に起因または準拠してサプライヤーの義務を履行するためにいつでも代理人を任命または従事できることに同意するものとします。

b。サプライヤーは、譲受人が義務を引き受けることに同意することを条件として、これらの交易条件に起因する、またはこれらの条件から生じるその権利、財産、利益、利益、権利、義務および義務のすべてまたはいずれかを任意の人に譲渡および譲渡する権利を有します。これらの交易条件の下で顧客に負っているサプライヤーの義務。

c。顧客は、サプライヤーの事前の書面による同意なしに、これらの取引条件に基づく義務または権利を譲渡したり、譲渡することを意図したりしてはなりません。

11.顧客によるデフォルト

a。次の各オカレンスは、デフォルトのイベントを構成します。

私。お客様は、何らかの理由でこれらの交易条件に違反した、または違反したと主張され(これらの交易条件に基づく支払いの不履行を含むがこれに限定されない)、通知を受けてから14日以内にその違反を是正しなかった。そうするためのサプライヤー;

ii。自然人である顧客は破産行為を行います。

iii。法人であるお客様は、以下の対象となります。

1.請願書の提出、注文の作成、または顧客の清算、登録抹消、または解散の決議を検討するための会議の招集。

2. 2001年会社法(Cth)のパート5.3Aに基づく受領者、受領者および管理者、または管理者が、顧客の財産の全部または一部に任命され、事業を行うこと。

3.取り決めのスキームの入力(リストラの目的以外)。そして

4.債権者の利益のための割り当て。

iv。顧客は、サプライヤーの事前の書面による同意なしに、これらの取引条件に基づいて権利を譲渡することを意図しています。または

v。お客様は、通常の方法で事業の遂行を停止または中止すると脅迫します。

b。サプライヤーが全額の支払いを受け取った場合を除き、デフォルトのイベントが発生した場合、サプライヤーは次のことを行うことができます。

vi。これらの交易条件を終了します。

vii。お客様との注文書およびクレジット契約(ある場合)の一部またはすべてを終了する。

viii。商品の配達を拒否する;

ix。支払いが受領されていない、顧客に配達された商品を取り戻し、再販売する。または

バツ。商品またはサービスまたはその他の理由でお客様が支払ったすべてのお金を(該当する場合)保持します。

c。パラグラフ14(b)に基づいてサプライヤーがとることを許可された措置に加えて、デフォルトのイベントが発生すると、すべての請求書は直ちに支払期日が到来し、支払われることになります。

12.保証

a。サプライヤーは、商品に材料および製造上の欠陥がないことを保証します

b。上記のセクション12(a)に基づく有効な保証請求に関して、サプライヤーの唯一の義務およびお客様の唯一の救済は、サプライヤーの唯一の選択により、そのような商品を新品または再生品の適合商品と修理または交換することです。

c。条項12(a)のサプライヤーの限定保証義務は終了し、以下によって全体的または部分的に良好な故障またはその他の保証違反が必要または引き起こされた場合には適用されないものとします。

私。お客様の大惨事、過失または過失。

ii。適用される法律または規制に違反する商品の操作または使用。

iii。不適切または不正使用;

d。このセクション12(保証)に記載されている保証は排他的であり、明示的、黙示的、または法定の(商品性、特定の目的への適合性、権原の黙示の保証を含むがこれらに限定されない)他のすべての保証に代わるものです。 。セクション12(b)で提供される救済(限定保証の救済)は、サプライヤーがそのような限定保証に準拠しなかった場合のお客様の唯一かつ排他的な救済であり、お客様は、上記の場合を除き、いかなる請求も行わないものとします。 、TORT、GOODまたはその他の厳格責任、取引慣行、またはその他。上記の方法での修理、交換、または返金(サプライヤーが選択)は、その限定保証、および品質と品質に基づくまたは関連する請求のすべてに関して、サプライヤーのすべての責任の履行を構成するものとします。お客様は、お客様の意図した結果を達成するための商品、ソフトウェア、およびサービスの選択、またはお客様の特定のアプリケーションについて、すべての場合において単独で責任を負います。

13.責任の除外および制限

a。商品の概算に関連してサプライヤーから提供されたすべての情報、仕様、およびサンプルは、オーストラリア消費者法に基づく保証の対象となり、顧客による商品の使用に実質的に影響を与えない、それらからのわずかな逸脱またはわずかな変動は認められません。お客様は、配達時に商品を拒否するか、商品に関して何らかの請求を行うものとします。

b。いかなる状況においても、サプライヤーまたはそのサプライヤーは、損失、損害、費用、費用、またはその他の請求(結果的な損害および利益の損失または収益の損失を含む)について、顧客または他の人に対して一切の責任を負わないものとします。商品の欠陥、欠陥、または不一致の直接的または間接的な結果。

c。顧客は、商品の提供に使用するために第三者からコンポーネントまたはサービスを入手するようにサプライヤーに指示することができます(有向ソース供給)。サプライヤーは、ダイレクトソースサプライに起因または関連する、またはサードパーティがダイレクトソースサプライをタイムリーに提供しなかったことに起因または関連する保証またはその他の請求について、お客様に対して責任を負わないものとします。

d。商品に関してサプライヤーが提供するアドバイス、推奨、情報、支援、またはサービスは、誠意を持って提供され、提供された時点で正確、適切、信頼できると考えられています。保証や正確性、適切性、信頼性なしに提供されます。サプライヤーは、そのようなアドバイス、推奨、情報、支援、またはサービスへの顧客の依存の結果として被った損失について、いかなる責任も負いません。

e。法律で許容される最大限の範囲で、サプライヤーは、直接的、間接的、懲罰的、偶発的、特別、結果的損害、または使用、データ、または利益の損失による損害を含むがこれらに限定されない損害について責任を負いません。取引、過失、無過失責任、またはその他の条件に基づくかどうかにかかわらず、商品、サービス、またはソフトウェアの提供または提供の失敗に関連する方法、または商品またはサービスの提供から生じるその他の方法。損害の可能性について知らされた。

f。オーストラリアの消費者法は、お客様に特定の保証を与える場合があります。そのような保証の違反に対する責任を制限できる場合、それらの保証の違反から生じるサプライヤーの責任(もしあれば)は、第15条(b)で利用可能な救済に限定されます。

g。この条項は、これらの交易条件の終了後も存続します。

17.補償

a。サプライヤーは、サプライヤーの作為または不作為の結果として発生する可能性のある損失、請求、または責任について、顧客、その取締役、従業員、請負業者、および代理人を補償し、補償することに同意します。お客様は、お客様の作為または不作為の結果として発生する可能性のある損失、請求、または責任について、サプライヤー、その取締役、従業員、請負業者、および代理人を補償し、その補償を維持することに同意します。

b。この規定は、これらの交易条件の終了後も引き続き有効です。

18.不可抗力

a。サプライヤーの制御が及ばない状況が商品の提供を妨げたり妨害したりした場合、サプライヤーはそのような状況が続く間、商品を提供する義務を負わないものとします。サプライヤーは、このような状況が解消されるまで、この契約を終了するか、徒歩で契約を維持するかを選択できます。

b。サプライヤーの制御が及ばない状況には、材料またはコンポーネントの入手不能、ストライキ、ロックアウト、暴動、自然災害、火災、戦争、不可抗力、政府の法令、宣言または命令、輸送の困難および故障または誤動作が含まれますが、これらに限定されません。コンピュータまたは他の情報技術システム。

20.その他

a。これらの交易条件は、オーストラリアのビクトリア州の法律に準拠し、各当事者は、オーストラリアのビクトリア州の裁判所の非専属管轄権に取消不能の形で従います。

b。これらの取引条件、およびサプライヤーが書面で合意した見積もりまたは請求書および書面による変更は、これらの条件の主題に関連する当事者間の完全な合意を表しています。

c。これらの交易条件は、いずれかの当事者による、またはいずれかの当事者に代わって、すべての口頭および書面による交渉およびコミュニケーションに優先します。

d。これらの取引条件を締結するにあたり、お客様は、口頭または書面を問わず、サプライヤーまたはその従業員または代理人がこれらの条件の主題に関連して、または関連して行った保証、表明、または声明に依存していません。トレード。

e。これらの交易条件のいずれかの条項がいつでも無効、無効、または執行不能になった場合、残りの条項は引き続き完全な効力を有します。

f。当事者が権力または権利を行使しなかった場合または遅延した場合でも、その権力または権利の放棄としては機能しません。

g。ある当事者から別の当事者への通知またはその他の連絡は、見積書および/または注文書に示されている住所に書面で(またはこの段落に従って変更されたとおりに)書面で行われ、前払いで送信される必要があります。関連する見積もりで指定された宛先のアドレスにメールを送信します。宛先のファクシミリ機からの受領の確認とともに、関連する見積書に指定された宛先のファックス番号にファックスで送信されるか、または配信の確認とともに、関連する見積もりに指定された宛先の電子メールアドレスに電子メールで送信されます。

h。郵送された場合、通知またはその他の連絡は、郵送された場合、投稿後2営業日に行われたものと見なされます。または、受領場所で1営業日の午後4時前にファックスまたは電子メールで送信された場合は、送信日、それ以外の場合は受領場所で翌営業日。

私。当事者は、相手方に書面でその変更を通知することによってのみ、サービスのためにその郵便または電子メールアドレスまたはファックス番号を変更することができます。

j。本契約の当事者は独立した請負業者であり、本契約のいかなる条項も、パートナーシップを構築したり、他者を拘束する権利を付与したりするものではありません。